Master Classe

皆さま、こんにちは。

ここでは、世界でご活躍の先生方と、学びに意欲的な受講者様を応援したい一心で、マスタークラスを開催致します。年齢制限、オーディションを設けず、学びに開かれたスタイルにてご提供致します。

どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

宇野健太 マスタークラス
«チェロ& 室内楽マスタークラス»
クライペダ国際チェロコンクール第2位受賞
パドヴァ国際音楽コンクール第1位受賞


日時: 2020年12月14, 15日
場所: 田園都市線、市が尾駅(横浜市)
アーティストコミュニティジャパン(ACJ)
ソロ・室内楽レッスン
マスタークラス修了証明書: 受講者に発行
お問合せ先: ACJ
acj@cresccoltd.jp
0120-649-041
http://www.acj.ne.jp
https://www.unoken0725.com

協力: アーティストコミュニティジャパンACJ
主催: 品川フィルハーモニー・アンサンブル

宇野健太 (チェロ)

大分県日田市生まれ。東京藝術大学附属音楽高等学校を経て、ウィーン私立音楽芸術大学を最優秀の成績で卒業ならびに同大学院を最優秀の成績で修了。またグラーツ国立音楽大学現代音楽演奏学科にて世界でもトップクラスの現代音楽アンサンブル「クラングフォールム・ウィーン」のもとで現代音楽の演奏法を学ぶ。

チェロをこれまでに金木博幸、山崎伸子、河野文昭、W.シュルツ、C.オッテンザマー、B.ヴァインマイスター、F.バルトロメイの各氏に師事。

2017年、クライペダ国際チェロコンクール第2位、同年パドヴァ国際音楽コンクール弦楽器部門第1位、総合部門第2位を獲得。

これまでにソリストとして東京並びに北上にてドヴォルザークチェロ協奏曲、ウィーン・コンツェルトハウスにてジェンキンスの「武装した男」、クライペダ室内管弦楽団と佐藤聰明の「RUIKA」を演奏するほか、ルクス音楽祭、シオン音楽祭、サンクト・パウル音楽祭などのヨーロッパの音楽祭への出演も果たした。

2018年から自身が主宰したJapanische Virtuosen Wienの代表をつとめ、ウィーンにおける日本人留学生の演奏機会の向上と日本人作曲家の紹介につとめた。2020年にはベートーヴェンのチェロとピアノのための作品全曲演奏会をウィーンとメードリングにて開催した。

2020年より九州を拠点に活動。

2021年 Felicia Coelho氏
«フルート、室内楽マスタークラス»

2019年度、パリ・エコールノルマル音楽院
コンサーティスト首席卒業、
パリにて、ミヒ・キム氏に師事。
リオデジャネイロ開催 ヴィラロボス室内楽
コンクール第1位受賞。
ブラジル、ペルナンブコ連邦大学
(Federal University of Pernambuco)で教鞭を執るブラジル人、フルーティスト

マスタークラス情報を随時、掲載致します。
2020年12月演奏会等詳細発表同時に、
日程・詳細をご報告致します。
30.05.2018 Baroque Flûte Master Classe
in Paris, FRANCE
Prof. Stefano Bet
Cité Universitaire in Paris
パリシャンゼリゼ劇場、スペイン公演の束の間のお休み日にバロックフルートマスタークラスを 開催していただきました!
Cité Universitaire Cambodge
10.09.2016フルートアンサンブルワークショップ
Flute Ensemble Workshop
in Sendai, JAPAN
Prof. Federica Lotti, Prof. Sae Tahara
日立システムズホール仙台・交流ホール
05.12.2015 Flauto Master Classe
in Tokyo, JAPAN
Prof. Federica Lotti
品川区 きゅりあん 音楽スタジオ
ヴェネチア国立音楽院教授: F.ロッティ氏、
昭和音楽大学講師田原さえ氏と受講生の一部皆様
17-20.08.2017 The 18th.
Japan Flute Convention 2017
in Kawasaki, JAPAN
Prof. M.Zoni (1 Flauto alla Scala di Milano)
and members of “Zephyrs”
昭和音楽大学:日本フルートコンヴェンション、ミラノスカラ座主席奏者M.ゾーニ氏と19名様へ、イタリア語通訳
21-23.08.2015 The 17th.
Japan Flute Convention 2015
“Fusino-kuni, Shizuoka”
in Shizuoka, JAPAN
懇親会
Prof. P.L.Graf, Prof. A.Oliva
グラーフ先生がオリヴァ先生とお話なさりたいと懇親会の演奏直後に伝言をお伝えし
お2人の教授初対面の場面が実現、
歴史的瞬間に遭遇。
(Prof. A.Oliva氏公開マスタークラス通訳後)